produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

専門家による貧血コラム

現代人のための貧血予防(1) -あなたも貧血かも?-

  • facebook
  • twitter
  • line

みなさんは、鉄分は足りていますか?
まず、自分の食生活を振り返ってみてください。

あなたの食生活は?

食事は外食が多い!お昼はコンビニのおにぎりだけ!朝食は食べない!食べ物の好き嫌いが多い!など…思い当たる事はいくつあったでしょうか?このような食事をしている方は、貧血を疑わなくてはなりません。
現代人に多い「鉄欠乏性貧血」は、一言で言うと鉄分が不足して起こる病気です。

鉄は血液や肝臓など体内にも蓄えられているため、不足してもすぐに貧血の症状が出てくることはありません。今は貧血の症状がなくても、このような偏った食生活を続けていると、食物から十分に鉄の補給ができず、貧血になってしまう可能性か高くなってきます。

毎日必要な量の鉄分を

鉄ならサプリメントでとっているから大丈夫だと安心している方!鉄だけとっていればいいという訳ではありません。鉄は他の栄養素と一緒にとる事により吸収率がアップするため、鉄だけとっていても体内への吸収がうまくいきません。また、あまり噛まずに飲み込んでしまう早食いの人も注意して下さい。食べ物をよく噛む事で、鉄はもちろん他の栄養素をきちんと消化し、効率良く吸収する事ができるのです。

鉄は食い貯めができません。一度にたくさんとるのではなく、毎日必要な量をコツコツと自分の生活スタイルに合わせて上手に摂取していきましょう。

貧血専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

コラムニスト 小澤知美 (学校法人三友学園 宇都宮栄養専門学校)

忙しいあなたにもできる貧血予防をご紹介します。

現代人に一番多い貧血は鉄欠乏性貧血。主な症状は、めまい・立ちくらみなどですが、普段からこのような症状があり、異常だと気がつかない方が多いようです。この鉄欠乏性貧血が多い背景には、みなさんの食生活が大きく関わっています。これを機会に、自分の食生活にフィットした貧血予防を見つけてください。

【所属】 学校法人 三友学園宇都宮栄養専門学校
【資格】 管理栄養士、介護食士1級認定

その他のコラム

女性のための貧血対処法(1) -貧血とは-

女性のための貧血対処法(3) -妊娠と貧血-

貧血改善に必要な栄養素(4) -バランスのよい食事とは-