produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

専門家による貧血コラム

現代人のための貧血予防(7) -ストレスと貧血-

  • facebook
  • twitter
  • line

ストレス溜まっていませんか?

仕事のミスや職場での人間関係など、現代人は様々なところでストレスにさらされています。
ストレスと貧血!関わりがないようですがストレスをため込み、イライラしながら食事をすると鉄分の吸収力が低下してしまいます。食事は、ゆっくりとリラックスしながら食べることで、胃酸の分泌がよくなり、胃液に含まれる酸が鉄分の吸収を高めてくれます。他にも酢や梅干し、かんきつ類など酸味のある食品も胃酸の分泌を促してくれる効果があります。

パワーの出る食材を

貧血になると体の隅々まで酸素が行きわたらず、食欲がなくなったり、だるさを感じたりすることがあります。そう言う時は、積極的に元気のでる食品を摂っていきましょう。オススメは、玉ねぎやにんにくです。玉ねぎやにんにくに含まれるアリシンと言う物質が、ご飯などの糖質の吸収を助け、スムーズにエネルギーに変えてくれます。又、胃や腸の粘膜を刺激し、消化吸収を促して食欲を増進させる効果もあります。鉄分補給に効果的なレバーを食べる際にも、必須アイテムではないでしょうか?!レバー特有の生臭さを消して、食べやすくしてくれる効果があります。

過度のストレスや疲れは、鉄分の吸収を妨げてしまいます。家族や友人と楽しく食事をする時間を作ったり、仲間とスポーツをしたりと自分なりのストレス発散法を見つけ、ストレスをためない生活を心がけてください。

貧血専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

コラムニスト 小澤知美 (学校法人三友学園 宇都宮栄養専門学校)

忙しいあなたにもできる貧血予防をご紹介します。

現代人に一番多い貧血は鉄欠乏性貧血。主な症状は、めまい・立ちくらみなどですが、普段からこのような症状があり、異常だと気がつかない方が多いようです。この鉄欠乏性貧血が多い背景には、みなさんの食生活が大きく関わっています。これを機会に、自分の食生活にフィットした貧血予防を見つけてください。

【所属】 学校法人 三友学園宇都宮栄養専門学校
【資格】 管理栄養士、介護食士1級認定

その他のコラム

現代人のための貧血予防(4) -おつまみで貧血予防-

貧血改善に必要な栄養素(2) -ヘム鉄と非ヘム鉄-

現代人のための貧血予防(7) -ストレスと貧血-